お知らせ

2020年07月21日

今回は土用の丑の日について紹介したいと思います。

土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、下記にある通り年に何回かやってきます。
立夏・立秋・立冬・立春、土用の丑の日は季節の変わり目に来ます。※ちなみに、土用の丑の日と土曜日とは関係がありません。

今年の土用の丑の日は、1/23、4/16、4/28、7/21、8/2、10/25、11/6です。

 

では、どうして鰻を食べるのでしょうか。

”夏痩せにはむなぎ(ウナギ)を食べると良い”と、大伴家持の歌があります。
昔から夏にはウナギを食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがあったのですね。実際、ウナギにはビタミンAやビタミンBなどの疲労回復やに効果的な成分が多く含まれているため、夏バテ予防になります。

 

毎日、暑い日が続きますね。ウナギを食べて乗り切りましょう!

 

Today, I would like to introduce you "The ox day", japanese tradition.

The image of summer may be strong when it comes to the days of ox, but as we can see below, it comes several times a year.
Summer, fall, winter, spring, and the day of the ox come at the turn of the season. 

This year's Ox Days are 1/23, 4/16, 4/28, 7/21, 8/2, 10/25, 11/6.

So why do you eat eel on the OX Day?

There is a poem by Otomo IEMOCHI, "It is good to eat eel for exhaust in the summer."
From the old days, in the summer people had the idea of ​​eating eels for getting plenty of nutrition. In fact, eel contains a lot of effective vitamins for recoverying from fatigue such as vitamin A and vitamin B, so it helps prevent summer fatigue.

Let' eat eels and survive the summer!

鰻