お知らせ

2020年08月13日

このガイドラインには事務所や従業員の衛生管理、不動産業ならではの接客についてどう対応すべきかが書かれています。来店等はできるだけ予約制にして少人数でのご来店・ご来場にしていただくこと。距離は2mを目安として、最低でも1mの間隔を保つようにすること。車内では窓を開放すること。まだ居住者がいる物件の内覧の際には、できるだけ長時間にならないように配慮すること等、細やかな場面を想定して行動指針が示されています。

また、新しい働き方として、テレワークやオンライン化などの非対面での業務を推奨しています。

ご存じのように、不動産業界は他の業種に比べますとIT化に遅れています。いまだに電話やFAXが多く使われ、契約書等も紙ベースで作成されている業界です。ですが、新型コロナウイルスをきっかけにIT化が進むだろうと言われています。例えば、「ITを使って物件の重要事項説明を遠隔で行うこと」「360度のカメラ・ビデオを使って物件紹介・内覧を可能にすること」「スマートロックを増やすして遠隔で施錠や開錠ができるようになること」などが推進されていきます。IT・デジタルの活用により、これまでの文書や電子化の手続きが便利になり、賃貸の契約や住宅の購入が簡単になります。インターネットで物件を探して、非対面で内見できる写真や動画、VR、バーチャルツアー等のWEBでのサービスの活用、オンラインによる契約やIT重説も推奨されています。いままでは物件の内覧には必ず担当者が同行していましたが、これからは担当者が現地からWEBカメラでお客様に視聴してもらうことができるようになり、効率化にもつながっていきます。さらに、オンラインでの融資の相談・申請がスムーズにできる世の中になってきます。

いままでは考えられなかったことが不動産業界でもどんどん広がりつつあります。まだまだ、未来予想図ですが、こうした変化に遅れないように対応していくことが大事だと思います。

 

 

This guideline describes how to deal with hygiene management of offices and employees and customer service in the real estate industry. Please make reservations as much as possible when visiting the office, with only a small number of people. The distance should be kept 2m and at least 1m between one another. Open the windows in the car. When visiting properties that still have residents, guidelines are provided assuming detailed situations, such as making sure that you do not spend as much time as possible.

It also recommend non-face-to-face work such as teleworking on the online as a new way of working.

As you know, the real estate industry is behind in IT scene compared to other industries. It is an industry where telephones and faxes are still used a lot, and contracts are created on a paper basis. However, it is said that the COVID-19 will lead to IT scene adoption. For example, "remote explain of the property using IT scene", "property introduction, using 360-degree camera and video", "using smart locks to lock and unlock the door key remotely" will be encouraged. The use of IT scene and digital makes it easier to carry out documents, lease contracts and purchase homes. Searching for properties on the Internet and using photos and videos, VR, non-face-to-face virtual tours, making online contracts and IT informing about housing are also recommended. Until now, agents always accompanied cusutomers to view the property, but from now on, agents will be able to have the customer view it by web camera from the site, which will lead to efficiency. In addition, clients will be smoothly consult and apply for loans online.

Things which were unthinkable in the real estate industry are spreading rapidly. Although it is still a future projection, I think it is important to keep up with changes.

マスク